Contact


X Close

[ 開催日:2018/11/20 ]

[ スウェーデン大使館がホストするラウンドテーブルセッション ]

「教える」から「自ら学ぶ」組織へ Are you still teaching your employee?

2018.11.06

組織のラーニングアビリティ(学習能力)をテーマとしたラウンドテーブルイベントを開催します。

この度、In3は、アラインメントプロジェクトで広く活用するマネジメントシミュレーションの開発元であるセレミ社と共同で、組織のラーニングアビリティ(学習能力)をテーマとしたラウンドテーブルイベントを開催します。

このラウンドテーブルイベントは、セレミ社がシニアマネジメントを対象にグローバルで開催しているラウンドテーブルのシリーズです。

今回は、セレミシミュレーションの開発者でありThe Power of Learning*を提唱するクラス・メランダー氏を囲み、日産のGeneral Manager Human ResourcesであるJyoti Chaturvediさんと、セレミ社の日本展開を主導してきた弊社代表平井朋宏と共に組織のラーニングアビリティ『「教える」から「自ら学ぶ」組織』について、グローバル視点で意見交換をすることになりました。

 

* The Power of Learning

The Power of Learningは、経営の重要なメッセージを伝え、組織の構成員の能力を高め、企業の戦略に沿って行動する学習体験を作り出します。組織のラーニングアビリティを高めるためは、組織の構成員が自ら考え、探求し発見することが最良の方法です。The Power of Learningの哲学は、学習者が、学習に責任を持つことであるという考えに基づいています。組織において、以下のサイクルのような自発的な学習プロセスを構築し直し、学習の力(The Power of Learning)を解き放ち、「教える」から「自ら学ぶ」組織へ変換していきます。

セレミ社のシミュレーションは全て、The Power of Learningが組み込まれています。

 

「教える」から「自ら学ぶ」組織へ Are you still teaching your employee?

  • 開催日時:2018年 11月20日(火)17:30-20:30
  • 会場:スウェーデン大使館
  • 対象者:シニアマネジメント
  • 内容:ラウンドテーブル、在日大使のご挨拶、ビュッフェ&ネットワーキング

デジタルディスラプションが現実になった今、グローバルで組織、人材の学習能力が問われています。

世界各国で「組織のパフォーマンス向上をもたらすコーポレート・ラーニング(企業内学習)」をトピックにセレミ社が行なうラウンドテーブルです。セレミ社の創始者であり、40年以上パワー・オブ・ラーニングを組織に適応するコンサルティングをしてきたクラス・メランダー氏を囲み、グローバル企業の取り組みやトレンドを皆様と共有します。


トピックキーワード:

・過去から続いている「ティーチングが知らず知らずのうちにスタンダードとなっているコーポレート・ラーニング
・ハイポテンシャルとラーニング
ラーニングとイノベーション、組織変革、チャレンジ
・エンゲージメントとラーニング

Seminar

-

Read More

Our Blog

-

Read More

Back to Top