Contact



    X Close

    自社について探求し、確認するプロセスである、アラインメントダイアログは、どのように社員の接点を点から面に変えていくのか、どのように組織の中で継続的に対話を起こす “刺激”を提供するかが重要です。目的に合わせて様々な組織コミュニケーションをアラインし、効果的な対話を設計していくのかが最も重要です。

    in3は、様々な刺激やツールを活用して、組織の目的に合わせた継続的なダイアログを設計します。

    -

    各プログラムのご紹介

    -

    概要

    自社について探求し、確認するプロセスを可視化するラーニングマット™は、強い組織文化をつくるための軸となるダイアログをその時々のテーマ(企業理念・中期経営計画・コーポレートブランド・自社らしいリーダーシップ・組織文化など)に応じて設計します。ラーニングマット™は、チーム単位での組織文化変革やエンゲージメント向上に向けた取り組みもカバーします。

    in3のソリューション(例)

    ご要望
    • 自社内の組織開発担当者が、社内ファシリテーションに活用する効果的な対話促進ツールが欲しい
    • 部長層・課長層など組織開発の実践者による、組織文化変革やエンゲージメント向上に向けた対話促進ツールが欲しい

    Learning Mat: (対象例:組織全体 社内ファシリテーター:組織開発担当者、組織開発の実践者)

      ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

      Learning Initiative
      Strategic Initiative
      Culture Initiative
      Dialogue Design & Tools


      概要

      <コンセプト>

      事前に学習モデルやプロセスをオンライン上の仮想ホワイトボードに設計・構築し、それをベースに、参加者全員が自らの対話を可視化することで学習経験を作り上げます。


      <実施イメージ>
      <特長のハイライト>

      対話によるラーニング効果向上
      ▶︎ 課題にあわせて、仮想ホワイトボード上に設計された学習モデルとプロセスによって対話を促進し、参加者が自らの学びを言語化することで、効果的な学習経験を得ることができます。

       

      コラボレーションの促進
      ▶︎ 事前のモデルの設計や対話の可視化により、時間や場所に縛られることなく、グループワークを進めることが可能です。部署や拠点、階層を越え、通常業務とは異なるメンバーと協業し、異なった視点を学ぶ機会の提供がより容易になります。

       

      通常の集合研修とのハイブリット
      ▶︎ 今後の状況変化にあわせ、オンラインとFace to Faceのダイアログを使い分け、より効率的・効果的に研修やワークショップを設計することが可能になります。

       

      オンラインならではのテキストマイニング
      ▶︎ オンライン上で参加者が可視化するデータを単語や文節で区切り、それらの出現の頻度や共出現の相関、出現傾向、時系列などを解析することで、今後の組織学習に有用な情報を取り出すことができます。

       

        ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

        Learning Initiative
        Strategic Initiative
        Culture Initiative
        Dialogue Design & Tools


        概要

        マネジメントシミュレーションは、組織開発や人材開発において、経営の言語や意思決定のレベルを引き上げ、経営の共通言語を獲得する共通プラットフォームです。経験的且つ視覚的なセレミ社のマネジメントシミュレーションは、参加者間のディスカッションや経験共有を基本として、意識レベルを全社視点に引き上げます。これにより参加者のリーダシップの範囲をより大きくしていきます。

        特徴

        • 部門を超えて業績を管理する能力を高める
        • 経営の改善を付加価値につなげる
        • 付加価値を創出するための戦略や、それを実現するためのリーダーシップを明確にする
        • 経営リテラシー(戦略思考/全体観)を養う

          ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

          Learning Initiative
          Strategic Initiative
          Culture Initiative
          Dialogue Design & Tools


          概要

          デニソン組織文化サーベイ(DOCS)は、現在の組織文化の状態を可視化することができるツールですが、いわゆる従業員満足度調査や従来の組織風土診断とは異なります。DOCSは組織文化とパフォーマンスの関連性をトータルにみるモデルです。そのためDOCSを繰り返し導入している企業では、いかにして企業の目標を達成するか、つまりパフォーマンスを高めるかということに焦点を当てて活用しています。

          デニソン組織文化サーベイとは

          動画再生

          特徴

          DOCSは、Daniel Denison博士(元ミシガン大学ビジネススクール教授・現IMD経営大学院教授)が先達の研究成果を踏まえて、1980年代に開発しました。以後25年以上にわたり、1000社以上(1,071社、80業界、49言語圏(北米70%、欧州16%、アジア5% ※2015年現在 )の企業にて検証を重ね、組織文化とパフォーマンスの関連性をトータルにみるモデルとして実績を上げています。 Fortune500の企業をはじめとした多くのグローバル企業(5,000社以上)にて導入実績を持っており、異なる国・業界のハイパフォーマンス企業でも一定の似通った結果がでることが実証されています。

          DOCSは、現在の組織文化の状態を可視化することができるツールです。このサーベイは、まず、従業員の方々に御社の組織文化に関わる質問に答えていただくことから始まります(※所要時間は15分程度)。そして、パフォーマンスを高める4つのキー・ドライバー(方向性、適応性、自律性、一貫性)に基づいて集計します。その結果を、25年以上に渡って収集してきた1000社以上の組織文化のデータと比較することで、御社の組織文化のどの部分を改善すべきかを明らかにしていきます。

          デニソン組織文化サーベイのご紹介と活用方法

          Previous
          Next

            ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

            Learning Initiative
            Strategic Initiative
            Culture Initiative
            Dialogue Design & Tools


            Client Story

            -

            Read More

            Seminar

            -

            Read More

            Our Blog

            -

            Read More

            Back to Top