Contact



X Close

ソリューション概要

“変化と変革の時代だからこそ意識して身につけるバーチャル・リーダーシップ

ビジネスを取り巻く環境が大きく変化しています。同時に、メンバーの業務や価値観の変化、リモート業務の増加により、今までなんとなく共有できていたチームや組織の方向性が見えにくくなっています。「方向感を共有することが重要だ」と言うのは簡単ですが、今まで「なんとなく」できた方法はもはや通用しません。

本プログラムでは、「Leadership is a conscious choice (リーダーシップは意識を持って発揮していくものだ)」というN.E.W.Sの考え方をベースにし、「なんとなく」から「意識して身につけるべきスキル」として、リーダーシップスキルの実践を支援します。変化の中でこそ得られる成長と学習の機会を効率的に構成するためのツールやガイドラインを軸に、実践の中での新しいスキルセットの獲得をサポートしていかなければ、迷う時間が長くなり組織の活力にも影響します。

なんとなく」を改めて再構成し、バーチャルでの実践を念頭に置いた新しいマインド、新しいタイプのスキル、そして強力なツールが組織の動きを変えます

2021年春、in3は、Advanced Virtual Leadership™バーチャル・リーダーシップ実践ワークショップ)をリリースします。

 

 
 

“リモートチームを率いるリーダーが感じている課題のトップは、「バーチャルでのリーダーシップスキルの不足」

◆ バーチャル・リーダーシップの開発に特化

リモート環境下においてチームを率いるには、限られた時間と通信手段の中で効果的にリーダーシップを発揮しなくてはなりません。このプログラムは、対面コミュニケーション環境下では意識することのなかった効率的・効果的なバーチャル・リーダーシップに特化し、リーダーに必要なマインドとスキルを学習します。このプログラムにより参加者は、自身のリーダーシップ行動を意識し、チームの中でのアラインメントを確認しながら組織の動きを作り出します。

 
◆ チームのアラインメントを図りエンゲージメントを高める

ハイパフォーマンスチームに向けて、チームのアラインメント(整合性)とメンバーのエンゲージメントを実践的に向上させます。チームの目的 / 戦略 / 文化のアラインメントを取るために必要な行動をプロセスで学び、ワークショップのインターバル期間中に、実際のチームのアラインメントを図る上で必要となるフレームワークを確認します。

 
◆ セルフコーチングのフレームを軸にしたリーダーシップ開発

リーダーシップは単に知識を得るだけでは開発できません。リーダーシップは自らの実践の中で開発されます。このプログラムは、ご自分のリーダーシップの強みや弱み、それに連関するチームのコンディションを把握し、改善策を自分自身で考えるセルフコーチングのフレームを軸に、参加者自身の実践を通じてリーダーシップを身に付けます。

 
◆ 実績のあるシンプルかつ効果的なモデル

ハイパフォーマンスチームの開発において、30か国以上の新興企業からFortune100企業まで導入実績のある、N.E.W.S.® Compass™モデルがベースです。N.E.W.S.®は、グローバル企業では特に進んでいた、時差や距離の離れたメンバーによるバーチャルチームへのコーチング支援についてもいち早く取り組んだこの分野のパイオニアです。これらによって培われたノウハウを基礎に、日本のビジネス環境を加味し、バーチャル・リーダーシップの考え方、8つの強力なスキル、そして、独自に設計されたリーダーシップツールを活用したプログラムを設計しています。

Previous
Next

COMPASS™ モデル概要

N.E.W.S.® COMPASS™ モデルは、以下の4象限からなります。
N – 方向性(Where?どこに向かっているのか?)
E – 価値観とモチベーション(Why?なぜそれをやるのか?)
W – 道筋と実行(How?どう実行するのか?)
S – 阻害要因(Why not?どのような困難があるのか?)
変化と変革の時代に、リーダー/ チーム / 組織のそれぞれにおいて問うべきポイントを示します

N.E.W.S.® COMPASS™ モデルとは

N.E.W.S.® について

Previous
Next

ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

Learning Initiative
Strategic Initiative
Culture Initiative
Dialogue Design & Tools


Client Story

-

Read More

Seminar

-

Read More

Our Blog

-

Read More

Back to Top