Contact


X Close

概要

デニソン組織文化サーベイ(DOCS)は、現在の組織文化の状態を可視化することができるツールですが、いわゆる従業員満足度調査や従来の組織風土診断とは異なります。DOCSは組織文化とパフォーマンスの関連性をトータルにみるモデルです。そのためDOCSを繰り返し導入している企業では、いかにして企業の目標を達成するか、つまりパフォーマンスを高めるかということに焦点を当てて活用しています。

特徴

DOCSは、Daniel Denison博士(元ミシガン大学ビジネススクール教授・現IMD経営大学院教授)が先達の研究成果を踏まえて、1980年代に開発しました。以後25年以上にわたり、1000社以上(1,071社、80業界、49言語圏(北米70%、欧州16%、アジア5% ※2015年現在 )の企業にて検証を重ね、組織文化とパフォーマンスの関連性をトータルにみるモデルとして実績を上げています。 Fortune500の企業をはじめとした多くのグローバル企業(5,000社以上)にて導入実績を持っており、異なる国・業界のハイパフォーマンス企業でも一定の似通った結果がでることが実証されています。

DOCSは、現在の組織文化の状態を可視化することができるツールです。このサーベイは、まず、従業員の方々に御社の組織文化に関わる質問に答えていただくことから始まります(※所要時間は15分程度)。そして、パフォーマンスを高める4つのキー・ドライバー(方向性、適応性、自律性、一貫性)に基づいて集計します。その結果を、25年以上に渡って収集してきた1000社以上の組織文化のデータと比較することで、御社の組織文化のどの部分を改善すべきかを明らかにしていきます。

ご興味があるサービスが他にもあれば、お選びください。

Learning Initiative
Strategic Initiative
Culture Initiative
Dialogue Design & Tools

Client Story

-

Read More

Seminar

-

Read More

Our Blog

-

Read More

Back to Top